IPv6高速ハイブリッドとは

IPv6高速ハイブリッドとは、ソフトバンク光オプションサービスの光BBユニットレンタル(ブロードバンドルーター)を利用することで、IPv6ネイティブ接続サービス、およびIPv4 over IPv6技術によるIPv6ネットワーク上でのIPv4接続を可能にするサービスです。

IPv4、IPv6とは?

インターネットに接続されている全ての機器には、必ず『IPアドレス』という番号が割り当てられています。
これらの機器を特定し、インターネット常に飛び交う様々な情報を正しく届けるための『送り先住所』がIPアドレスです。

これまで、IPアドレスを付与する仕組みは【IPv4 PPPoE】という接続方式でした。しかし、昨今のインターネット利用者・接続機器の増加により、IPv4によるIPアドレスの枯渇が問題になっています。

そこで、IPアドレス数の問題を解決する仕組みが開発され、次世代インターネット接続方式【IPv6 IPoE】が登場しました。このIPv6により、ほぼ無限のIPアドレスが使用可能となり、IPアドレスの枯渇問題は無くなりました。これにより、通信の渋滞からおきる速度低下の問題も解消され、快適なインターネット接続が可能になります。

ソフトバンク光では、IPv6およびIPv4接続に対応したWebサイトの両方をIPv6接続にて閲覧が可能になる【IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4】を光BBユニットレンタルの申し込みで利用できます。

"test"